日本最大級を目指すアニメポータル「AniFav」人気アニメランキング、今期のアニメ情報をお届けします。

日本最大級を目指すアニメポータル「AniFav」独自の人気アニメランキングと今期放送中のアニメ紹介を軸に、充実した読み物をお届けします。

329259

AniFav スペシャルの一覧へ戻る 更新日:2013年09月27日 22時25分

アニメ『きんいろモザイク』シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」(後編)

ライター:
前田久(聞き手)、高瀬司(構成)

1826
views

アニメ『きんいろモザイク』シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」(後編)

前編はこちらから

中編はこちらから

■原作者とのキャッチボール

――シリーズ構成をされるにあたって、原作者である原悠衣先生からの要望というのはどのようなものが。

綾奈:それが全くなくて、「お任せします」と。原先生がこちらを信じてくださったので、きちんと報いらなければと思いました。忍とアリスがホームステイ時にカーディガンの貸し借りをきっかけに仲良くなったというのはこちらからの提案だったのですが、そういう本当に本当に大事な部分まで信じて預けて下さったのが、とてもありがたかったです。感謝してもしきれません。 
 原先生に予告をお願い出来たのは嬉しかったですね。担当編集さんから「こちらでも何かやれることはありませんか」とお話があり、お願いすることが出来ました。予告が4コマになったのは担当編集さんの発案です。アニメから入った視聴者の方に原作が4コマであることをアナウンスしたいということで、3コマ+サブタイトルというフォーマットだけ決めて、内容は原先生にお任せしました。そしたら予告が毎回毎回、面白くて、可愛いくて……! お願い出来て、本当に幸せでした。
アニメ『きんいろモザイク』人魚姫な綾、金髪忍 原先生は、こちらが出したものについて言葉ではなく、絵で応えてくださっている気がします。アニメ化を発表した去年の暮れの「まんがタイムきららMAX」の表紙で、忍たちが楽しそうに笑っているのを見た時……もしかしたら思い込みかもしれないのですが(笑)、原先生がアニメ化を喜んでくださって、応援してくださっている気がして、すごく励みになりました。そして……今一番言いたいのは、BD・DVD第1巻の特典BOXですよ! なんと最終回のミュージカルシーンのみんなを原先生が描いてくださって……! 初めてそれを聞いた時は感激して、家で泣きました(笑)。すごくうれしかったです。愛を感じました。加えて、イベントやニコニコ生放送の一挙上映など、何かあればその都度ブログで告知してくださって……絶対お忙しいのに……本当にありがたかったです。

――直接コメントをくださるのではなく、マンガ家ならではの方法でエールを送ってくださるわけですね。

綾奈:あっ、素敵なエピソードがあるんです。3月のACE(アニメコンテンツエキスポ)でキャスト発表を兼ねた初めてのイベントがあったのですが、実は原先生もその場にいらしていて。お帰りになってすぐ、メイン5人の声優さんのイラストを描かれて、それを受け取った担当編集さんが印刷してフォトフレームに入れて、第1話のアフレコ現場で5人にプレゼントするという出来事があったんです。横で見ていて、素敵だなあと思いました。

メディアファクトリー担当:逆のパターンもあったんですよ。主演の5人の声優さんで「Rhodanthe*」というユニットを組んで主題歌を歌っているんですけど、CDジャケットで撮影した写真やオフショットを写真集にしてみんなでメッセージを書いて原先生に送られたんです。これまで応援してくださっていた分、こちらからも何か応答したいということでお送りしたのですが、連帯感を感じましたね。

綾奈:一方的ではなく、キャッチボールができるのはうれしいですよね。

■放送が終わっただけ、これからもずっと一緒

――このインタビュー記事はBD・DVDがファンの手元に届く頃に掲載予定なのですが、パッケージの注目ポイントについても教えていただけますか。

きんいろモザイク Vol.1 [Blu-ray]

綾奈:まずはBOXですよ! 第1巻初回特典の全巻収納BOXは原先生の描き下ろしで、可愛いさのかたまりです。先ほども言いましたが裏面はミュージカルシーンのみんな! かわいさがやばい!
 それから音声特典のキャラクターコメンタリーは、ちゃんとしたものが作りたくて、すごく気合いを入れて脚本を書きました。第1話は自分で書いたのですが、単に楽しくしゃべるだけではなく、あのとき実はこうだったといった新情報を詰め込んで、お得感があるようにしました。第2話以降は他の方に書いていただいたのですが、皆さんキャラぶれが一切なく、わたしも1話も手を抜かずにみっちり監修したのですごいクオリティになっています。するっと聴けるので、そうは感じられないと思いますが(笑)。それに、声優さんが声の演技で素晴らしく面白くしてくださって! 本編では聴けなかった崩したしゃべり方や、普段は見られない珍しい3人組でのおしゃべりは、その子の新しい一面が見られるし、絶対に新しい発見があります。とにかく入魂のキャラコメです! 面白くないとは言わせない!(笑)

――(笑)。では最後に読者へのメッセージをいただけますでしょうか。

綾奈:そうですね……。ずっと続くと思っていたのに、放送が終わってしまうのは、わたし自身すごく寂しくて。昨夜も今日のインタビューのために色々振り返っていたら泣けてきてしまったのですが……。でも放送が終わるだけで、忍たちの日々はこれからもずっと続いていくし、マンガの連載はまだまだ続いていくので、これで終わりじゃないです。忍たちを好きになってくださった方々には、これからもずっと、5人と一緒にいてほしいです。アニメを最後まで観てくださって、本当にありがとうございます。好きになってくださって、本当にありがとうございます。
 やっぱり何より、作品を好きになってくださるのが一番うれしいです。これはわたしが好きなものを共有したいという気持ちが強いからかもしれないですが、こんなに素敵な作品を観ないのはもったいないし、もっともっとたくさんの人に観ていただきたいし、これからもずっとずっと愛してほしいです。終わらせるつもりはありません!

――第2期も期待できるということでしょうか。

綾奈:まだ全然わからないのですが、もし出来ることになったら本当にうれしいです。でも2期なんて全く考えないで全力で作ってきたので、あったらあったで「どうしよう!」ってなりそうです(笑)。
『電波女と青春男』のときは終わったあと1ヶ月くらい真っ白な灰になってしまったのですが、『きんモザ』でもたぶんそうなると思います……つらい!(了)

(2013年9月10日、荻窪某所のカフェにて収録)

©原悠衣・芳文社/きんいろモザイク製作委員会

原作単行本最新4巻 本日発売!
きんいろモザイク (4) (まんがタイムKRコミックス)

きんいろモザイク (4) (まんがタイムKRコミックス)

【記事へのご意見・お問い合わせ、情報のご提供などは info☆anifav.com(☆を@に)までお気軽にお寄せください】
【最新情報はTwitterでもチェック!→ @anifav
【随時更新】2013年10月のアニメ新番組情報まとめページはコチラ!


この特集に関するコメント

みんなのコメント0 コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

コメントの反映には1時間ほどお時間がかかります。

AniFavライター陣による渾身のコラム連載
ページトップへ